本音は,ハゲが苦手

同窓会で話題の彼がおりました。
20代の頃はイケメンだった彼。
40代となって再会した時,その風貌の変わりように驚かされました。

頭がハゲてきております。
薄くなってきているなんて軟らかい表現はできません。
明らかにハゲております。

surprised young woman一瞬見て誰だか分かりませんでしたが,微かに面影があります。
頭部を見ないようにして再度確認してみると,確かに以前の彼です。

ハゲが原因かどうかは不明ですが,未だに独身とのこと。
何となくそれも納得できる気がします。

ハゲでも自信に満ちていて気にならないハゲなら良いのですが,彼の場合はそうではない。

気になるハゲです。
このタイプのハゲを見ていつも思うことがあります。
なぜもっと早くに手を打たなかったのか…。

最近では,カツラや植毛の広告を見かける機会が多いです。
ハゲ対策は,それだけ身近になっているという事だと思います。

こうなる前に少しずつ目立たなくしていれば,誰にも気づかれることなくカバーできたはずです。

表向きにはハゲは許せると公言しておりますが,ハゲとハゲじゃない人がいたら、ハゲじゃない方が良いに決まってます。

よほどセンスと自信があるハゲでもない限り,普通のハゲは許容できないと思う人は多い筈です。

ハゲ予備軍の人は,勘違いしないで早めのケアをオススメします。

http://よく効く薬用育毛剤.com/